コラム

【リスティング広告】実はあまり教えたくない…クリック率を高める広告文の作り方!

Web担当者の皆さん、広告文の作成で悩んだことはありませんか?
私の身の回りのリスティング広告に関わっている担当者の多くは、文章が上手く作れないという悩みを持っている方が多いです。

広告の文章は非常に重要で、クリック率やコンバージョン率に大きく影響します。

リスティング広告の広告文にセンスは関係ありません。
ポイントを押さえて改善を積み重ねれば誰でもできるようになります。

そこで今回はクリック率が上がるリスティング広告の広告文を作るポイントを紹介します。

1 競合の広告をリサーチする

広告を作る前に、流入させたいキーワードを検索し、必ず競合の広告文がどんな文章を書いているかチェックしましょう。

掲載順位にもよりますが、自社が出したリスティング広告の上下に、競合他社の広告が掲載されることは十分に考えられます。
ですので、サービスや価格で差別化ができているかを確認しつつ、競合とは違う切り口で自社の強みをアピールして差別化を図ることをおすすめします。

2 キーワードを含める

広告文を作るときは必ず設定したキーワードを入れてください。

なぜかというと、キーワードを入れると広告との一貫性が増すので、広告ランクが高くなります。
また、クリック単価を下げる効果もあるので、必ず含めましょう。

その際に、文字のバランスを意識する必要があります。
ひらがなやカタカナが多いとユーザーが読みづらくなるので、キーワードを軸に、バランスを見て広告文を作りましょう。

3 数字を入れる

広告をクリックした後のランディングページに記載している「金額」「実績件数」などの数字を広告文に載せましょう。

具体的な広告文にすることで、ユーザーに商品やサービスの内容を理解してもらえるようになり、広告をクリックしてもらえるようになります。
そのため、商品やサービスなどの魅力を広告文で伝えられるような文章を作る必要があります。

4 訴求内容の重複を避ける

広告文は、すべてセットで成り立つので、広告見出し(タイトル)と説明文における重複も気をつけなければなりません。
同じ内容を入れるのはもったいないので、作り終えたら必ず確認しましょう。

また、説明文と広告見出し(タイトル)を入れ替えたほうがいいケースも起こる可能性があります。
ですので、一度できたものはそのまま配信せず、入れ替えをしながらベストの組み合わせを追求しましょう。

5 LPと内容を一致させる

あたりまえLPと内容を合わせることです。
広告文をクリックしたユーザーは、訴求内容の詳細を知るためにサイトへ訪れます。仮に、広告文の訴求内容が明記されていない場合、「求める情報がない」と判断されて、直帰しやすくなります。

広告文とサイトとの整合性を意識した広告文を作成するほか、場合によっては広告効果を高めるためにサイト内のコンテンツを充実させることも有効です。

まとめ

今回はユーザーが広告をクリックしてもらえる広告文の作り方を解説しました。

先ほども言いましたが、広告文にセンスあるないは関係ありません。
押さえるべきポイントを把握して、改善を繰り返すことで誰にでも作れるようになります。

成功している企業の広告文がどのように書かれているかを研究し、作成してみてはいかがでしょうか?

関連記事

TOP