コラム

Instagramの特性ってなに?Instagram広告のメリットも解説

皆さんはおしゃれな画像や動画などに特化しているSNSをご存知でしょうか?

2010年にリリースされ、2017年にはある言葉が流行語大賞にもなりました。

略して「インスタ」と呼ばれることが多く、もうお分かりですよね?
皆さんもきっと聞き馴染みのある「Instagram」のことです。

そんなInstagramは広告をだせます。
広告を出すことによって「いったいどんなメリットがあるんだろう」と考えた方もいてると思います。

そこで今回は、Instagramの特性とInstagram広告のメリットを解説します。

そもそもInstagramの特性ってなに?

Instagram広告を運用する前に、まずはどのような特性があるのかを理解する必要があります。

それぞれ特性があるので、順番に解説していきます。

ビジュアルに特化したSNS

Instagramは、おしゃれな画像や動画などに特化したSNSです。

ファッションやフードなどの画像や動画映えする商品やサービスと相性が抜群です。

他のSNSと比べ、女性の利用率が男性を上回っているのが特徴です。

女性ユーザーが多い

2つ目は女性ユーザーが多いのが特性です。

日本国内のInstagramのアカウント数は3300万個あります。

男女比は男性が43%に対して、女性は57%と女性ユーザーが多い傾向にあります。
恐らく、おしゃれな投稿が多いのが女性の利用者が多いと考えられます。

若者以外の年齢層の利用率が増えてきている

年齢層に関しては、まずはこのデータをご覧ください。
年齢層データ

20代57.3%
30代47.8%
40代40.2%
50代29.4%

この数値を見ると、若者以外の年齢層の利用率も増えているのが分かります。

この数字を見ると、Instagramは若者のだけのものではないことが分かります。

参考:【2022年版】Instagramユーザー実態が分かる!調査データまとめ

Instagram広告・4つのメリット

こうした特徴のあるInstagramに広告を配信するとどのようなメリットがあるのでしょうか?
順番に解説していきます。

精度の高いターゲティング

InstagramはFacebookと紐付いています。
なので、Facebook広告のような精度の高いターゲティングが実施できます。

どういうことかと言うと、例えば
・ユーザーの性別
・年齢
・居住地
などの情報に加え、興味や関心などをInstagram上での行動データを元にターゲットの設定がおこなえます。

柔軟な広告運用が可能

Instagram広告は1日あたり100円前後という低予算から運用ができるのも特徴です。

条件をクリアすれば、予算を自由に設定できます。
しかも、予算が消化すると広告出稿が止まるので、運用者側も安心して広告配信ができます。また
・予算の変更
・クリエイティブの差し替え
なども対応しているので、成果をみながら施策の改善ができるのもメリットです。

豊富な広告フォーマット

目的やターゲットに応じてフォーマットの広告を配信できるのも特徴です。

画像や動画広告の他にも
・ユーザーとの対話的なコミュニケーションが可能なアンケート広告
・ECへの誘導ができるショッピング広告
など広告機能が充実しています。

世界中のユーザーへ訴求可能

月間アクティブユーザーは世界で10億人と言われています。

日本国内だけではなく、世界中のユーザーに見てもらえるプラットフォームです。

それと同時に、画像や動画といったビジュアルでの訴求がメインなので、言葉の壁が比較的に低い広告であるのも特徴です。

まとめ

今回はInstagramの特性とInstagram広告のメリットについて解説しました。

画像や動画などのビジュアルに特化しているので、女性ユーザーが多いSNSです。

なので
・化粧品
・ファッション
・旅行
・料理
などの画像や動画が映える商品やサービスとの相性が抜群です。

こういった特徴をきちんと理解し、運用してみてはいかがでしょうか。

Facebook広告ってなに?広告を運用するメリットや特徴なども解説

関連記事

TOP