コラム

Facebook広告ってなに?広告を運用するメリットや特徴なども解説

皆さんはビジネス層向けのSNS「Facebook」をご存じでしょうか?

実はここに広告をだすことができます。

広告を出して「どんなメリットがあるんだろう」と考えた方もいると思います。
そこで今回は、Facebookの特性とFacebook広告のメリットを解説します。

Facebook広告とは?

Facebook広告とは、Facebook内で表示される広告のことで、「フィード面」や「ストーリーズ」などに配信ができるSNS広告プラットフォームです。

2022年3月時点で1日当たりの利用者数が19億3,000万人、1カ月当たりの利用者数29億人を抱えています。

FacebookページとFacebook広告の違い

Facebookページは、自社の商品やサービスなどに興味を持つ既存のユーザーに向けたコンテンツです。

ブランドや企業は「ファン」との交流を通して親密性を高めることを前提に運用していくものです。
対して、Facebook広告では、ターゲティング機能が使えるので、アプローチしたいユーザー層に向けて広告配信できます。

Facebookページ
・既に自社の商品やサービスに興味のあるユーザーとの交流から親和性を高めることを目的に活用
・Facebook広告
新規ユーザーの獲得から商品の販売や店舗の来店といった、コンバージョン拡大を目指すことを目的にして運用
していくことがよいでしょう。

投稿の宣伝とFacebook広告の違い | Metaビジネスヘルプセンター

Facebook広告の特徴

ターゲティングの精度が高い

他のウェブ広告と比べても、ターゲティングの精度が優れているのが特徴です。
Facebookは
・実名
・住所
・職場
・趣味
・年齢
などといった詳しい個人情報を載せる人が多く、情報が蓄積されるので高い精度が出せます。

さらに
・記事をみる
・いいねを押す
といったFacebook・Instagram内での行動の情報も集められます。

ですので、例えば店舗から半径5km以内に住んでいる10〜30才の女性にだけ広告を出すことや、スポーツ関係のInstagramをよく見ている人だけに広告を出すことができます。

少額からの広告配信が可能

Facebook広告は、最低出稿金額が100円〜となっているため、少額から運用をスタートさせることができます。

予算に限りがある場合や、複数の広告のABテストをする際にも利用できるので、お試しで運用をしてみてはいかがでしょうか?

Meta社の媒体などに配信可能

Meta社(旧Facebook社)が運営するさまざまな媒体に配信できます。

主な配信先は以下の通りです。

・Facebook
・Instagram
・Messenger
・オーディエンスネットワーク

ニーズに合わせたコスト戦略が設定可能

入札価格を調整する仕組みがFacebook広告にはあります。

「入札価格を維持したい」「得られた売上を最適化したい」など、広告主によるコスト戦略を設定ができます。

広告の効果測定が簡単

テストを実施することで、Facebook広告の効果を測定可能なデータとして示し、インクリメンタルを簡単に把握できます。

これは、選択したビジネスの目的に特有の仮説または質問に対する回答を得る場合に有効な方法です。
特定の広告セットやキャンペーン、掲載しているすべての広告に対してテストを行うことができます。

検討する仮説またはビジネスの目的とテストにかける予算に応じて、以下のさまざまなツールを使用してテストを実施し、Facebook広告の効果を確認できます。

まとめ

今回はFacebook広告について簡単に解説しました。

Facebook広告の特徴は
・ターゲティング精度が高い
・少額からの広告配信が可能
・Meta社の媒体などに配信可能
・ニーズに合わせたコスト戦略が設定可能
・広告の効果測定が簡単

この5つがあります。

きちんと理解し、広告を運用してみてはいかがでしょうか!

Instagramの特性ってなに?Instagram広告のメリットも解説

関連記事

TOP