コラム

ローカルSEOってなに?SEO・MEOとの違いや効果などを解説!

皆さんは、ローカルSEOという施策をご存じでしょうか?

ローカルSEOとは、簡単に言うと特定の場所を検索する際に上位に表示される施策のことです。
スマートフォンが普及によって、どこにいてもインターネットにアクセスできる今の時代、この施策が注目されています。
ローカルSEOは今後ますます需要を増すでしょう。

そこで、今回はローカルSEOのメリットやSEO・MEOとの違いについて解説します。

ローカルSEOとは


ローカルSEOとは、「地域名+キーワード」や地域に関連つくキーワードで検索した際、その場にいるユーザーの検索やGoogleマップ検索結果に上位表示されるように施策をすることです。

簡単に言うと、地域に特化したSEO対策と言えます。
特に
・店舗
・施設
を運営するビジネス業種には、高い効果が見込めます。

⚫️SEOとの違い

SEOとは、検索サイトで検索をした際に、自社のサイトが上位に表示される為の施策をいいます。

一方、ローカルSEOはより地域性に特化した対策です。
先ほどもお伝えしましたが、店舗を持っているビジネスや地域性の高いビジネスに向いている施策です。

検索結果には、※Googleビジネスプロフィールの店舗情報を表示させることもできます。

※Googleビジネスプロフィールは登録が必要です。

⚫️MEOとの違い

MEOとは、日本独自のもので、海外では「ローカルSEO」と呼称されています。

つまり、呼び方が違うだけで、ローカルSEOもMEOも同じ施策です。
紛らわしいので、ぜひこの機会に覚えておきましょう。

ローカルSEOのメリット・効果


ローカルSEOのメリット・効果以下の通りです。

・競合が少ない
・集客に直結しやすい
・費用対効果の高い集客ができる
ローカルSEOはSEO対策と比べると、対策の幅が広くないので、競合が少ない傾向にあります。

ですので、SEOに比べて集客のハードルは低くなります。

ちなみに、ローカルSEOは低予算で始められるのも魅力的です。

⚫️SEO対策に比べて競合が少ない

SEO対策は、検索結果すべてに対して上位化を目指す施策ですが、ローカルSEOはローカル検索に限定されます。
なので、競合は近郊店舗に絞られます。

そのため競合性が低くなります。

また、競合が少ない分、対策の難易度が下がります。
しかも、対策内容が
・ローカル情報
・口コミ対策
・キーワード対策
だけなのでSEO対策より簡単とも言えます。

⚫️集客が直結しやすい

ローカルSEOは、集客に直結しやすいといえます。
なぜかと言うと、ある決められた地域を調べているユーザーはその場所に行きたいから検索していることが多いからです。

また、ローカルSEOは
・住所
・店舗名
・マップ
のだけではなく、電話ボタンもあるので、次のアクションにユーザーが移せるのが魅了です。

また、自社のローカル情報が上位表示されることにより、ユーザーの目に触れる機会も増えます。
ユーザーからの認知度をコツコツ積み上げていけば、中長期的な集客化にもつながります。

⚫️費用対効果の高い集客ができる

ローカル情報の情報源はGoogleマイビジネスです。
したがって、Googleマイビジネスの登録は必ずおこなう必要があります。

Googleマイビジネスの運用は、運用ツールなど利用する場合は別途費用がかかりますが、基本無料で実施できます。

ローカル情報の精度によっては集客効果にも影響してきます。
なので、きちんと情報をの制度をあげて、費用対効果の高い集客を目指しましょう。

まとめ

今回は、ローカルSEOのメリットやSEO・MEOとの違いについて解説しました。
今後ますますこの施策の需要が増えることが予想されます。

なので、まず初めにGoogleマイビジネスの登録から始めましょう。
登録しないと、ローカルSEO対策ができないので、必ずやりましょう。

地域系ワードでキーワード検索するユーザーがターゲット層になる方は、ぜひローカルSEO対策をおこないましょう。

Googleマイビジネスの登録がまだの方:Google ビジネス プロフィール – Google にビジネスを掲載

ビズコンダクトでは、お客様にピッタリのSEO対策をご提案いたします。
お気軽にご相談ください。

SEO対策でお悩みの方はこちらから→https://bizconduct.jp/inquiry/

関連記事

TOP