コラム

【SEO対策】外部対策とは?基礎知識から対策方法まで解説!

皆さんは、SEO対策で大切な、外部対策をご存じでしょうか?
外部対策をきちんとすれば、SEO効果が期待できます。

しかし、外部対策をしなければ、外部施策で重要な被リンクの獲得ができないので、SEO効果が期待できません。

そもそも「被リンクってなに」「どんな施策をすればいいの?」と言った方も中にはいると思います。

そこで今回は、外部対策の概要・対策方法などを解説したいと思います。

外部対策とは一体なにか?


外部対策とは、主に被リンク(外部のページやサイトに自社サイトのリンクを貼ってもらうこと)を獲得するために、自サイトのURLを他のサイトに宣伝するSEO対策のことです。

中には「被リンク対策」であったり「外部リンク対策」と呼ぶ方もいます。

SEO対策では、この外部対策が内部対策同様に大切になります。
どちらもきちんと対策して、やっと効果が現れます。

内部対策と何が違うのか?


内部対策は、名称通りサイト内部の構造やソースコードの最適化など、サイトの内部を整える対策です。

Googleやユーザーが分かりやすいサイトにするのが目的です。

外部対策に比べると、内部対策はSEO的な評価を得るというよりかは、サイトのマイナス要素を修正するという意味合いがあります。

外部対策は大幅に検索順位が向上するケースがあり、内部対策はそういったケースは少ない。
その代わりに「サイトの土台づくり」といった点で、内部対策はSEOに必要不可欠と覚えておいてください。

・自社コーポレートにリンクを張る

自社サイトに、ユーザーに合ったサイトを紹介するための自然なリンクは、利便性を高めるために必要です。

コーポレートサイトからの被リンクは、サイトの運営者情報を検索エンジンに伝えられるので、サイトの信頼性が上がります。

被リンクとして大きな効果は期待できませんが、念のためにコーポレートサイトなどがある場合は、貼るのをおすすめします。

ただし、被リンクを増やすことを注視しすぎて、サテライトサイト(メインサイトと異なる価値を提供する自社サイト)を作成するのはやめて下さい。

過去にはサテライトサイトを作り、被リンクを量産する手法が当たり前でした。
しかし、現在はリスクやコストの無駄のほうが大きいとされています。

・被リンク営業をする

この手法は、海外のSEOでは一般的に活用されているリンク構築手法です。

リンクを売買するのはNGですが、依頼をして掲載してもらうのはNGではありません。

競合サイトの被リンク元などを確認し、自サイトに被リンクを貼ってくれそうなサイトを見つけ、メールなどで依頼するのも一つの方法です。

とはいえ、相手にメリットがない状態やお互いの関係性が構築されていない状態で、リンクを貼ってもらうのは難しいです。

なので、まずは
・実際に取引のある企業のサイト
・お互いの関係性が構築できている企業のサイト
にリンクの掲載を依頼することをおすすめします。

最近では、SEOの被リンク獲得とPR活動を結びつけて効果を最大化していくことが重要視されているので、日頃から周囲のメディアや企業と良好な関係性を築くことが大切です。

・SNSを使う

SNSを活用する方法もおすすめです。

例えば、自身が作ったブログ記事のURLを、SNSのフォロワーに向けて投稿します。
そうすれば、より多くのユーザーの目に触れられる可能性が出てきて、被リンクの獲得促進に繋がります。
その結果、自然な被リンク(良質な被リンク)が増え、Googleからの評価に繋がります。

こうして、SNSで宣伝し、たくさんのユーザーに見てもらうことが、外部対策において重要になります。

一方、SNSを活用しなければ、多くのユーザーに拡散されません。
そうなると、被リンク獲得ができないので、Googleからの評価がされにくくなります。

なので、自社でSNSを運用し、拡散させることをおすすめします。

まとめ


今回は、外部対策について解説しました。

何度も言いますが、SEO対策には外部対策がとても大切です。
なので、内部対策だけでなく、外部対策をしっかり行っていきましょう。

ビズコンダクトでは、お客様にピッタリのSEO対策をご提案いたします。
お気軽にご相談ください。

SEO対策でお悩みの方はこちらから→https://bizconduct.jp/inquiry/

関連記事

TOP