コラム

SNSはSEOに効果がある?SNS運用とSEO対策の関係性

近年、Webマーケティングと同様にSNSマーケティングが大きく成長しています。
SNSは無料で発信できるツールで、しかも様々なユーザーに対してアプローチができます。

その効果もあり、各企業がSNSで公式アカウントを作成して情報を発信するようになりました。
SNSマーケティングとWebマーケティングを併用していくことが今は求められています。

そんなある日、とある担当者に聞くと「SNSマーケティングはSEOに効果がある」と言ったことを話していました。

果たして本当に効果はあるのでしょうか?
そこで、今回はSNSとSEO対策の関係性について解説します。

SNSと検索エンジン(Google/Yahoo!)の関係性


SNSはSEO対策に直接影響がないとGoogleが明示しています。

参考:Google公式動画

SEOの上位検索される要素の一つに「被リンク」が張られているサイトの質と数が挙げられます。
質の高い外部サイトにリンクが張られているサイトは価値が高いと評価されます。
その数が多いと、上位検索に表示されやすくなります。

直接的には関係はありませんが、拡散させることが得意なSNSを利用することで、たくさんのユーザーに見てもらえます。

その結果、間接的にSEOの効果が見込めるかもしれません。

SNSはSEOにどのような影響を与えられるか?


先ほどもちらっと言いましたが、SNSは自分が作成したコンテンツを投稿したり、つぶやくことでより多くのユーザーにそのコンテンツを認知させることができます。

その結果、コンテンツへのシェアやリツイートなどのエンゲージメントが増えます。

エンゲージメントが増えると、多くのユーザーに見てもらえます。
多く見られることで、ブログやWebサイトなどの自分が作ったコンテンツが参照されやすくなります。

そうなれば、参照リンクといった被リンクの獲得につながり、間接的にSEO効果が見込めます。

まとめ


今回は、SNS運用とSEO対策の関係性について解説しました。
SNSは、直接的な効果はないものの、間接的には効果が見込める可能性があります。

なので、SNSをうまく活用して、間接的なSEO効果を得られるようにしていきましょう。

そのためには、まず良質なコンテンツを作成することが欠かせません。
作成した良質なコンテンツをSNSで宣伝して、より多くのユーザーに共有を促しながら、エンゲージメントを増やしましょう。

ビズコンダクトでは、お客様にピッタリのSEO対策をご提案いたします。
お気軽にご相談ください。

SEO対策でお悩みの方はこちらから→https://bizconduct.jp/inquiry/

 

関連記事

TOP