コラム

【初級編】最近よく聞くGA4ってなに?ユニバーサルアナリティクスとの違いや導入方法を解説!

Web担当の皆さん!
GA4をご存じですか?Web担当の方は最近よく聞いているかも知れませんね。

GA4とは何かというと、新たにリリースされた 最新版のアナリティクスです。2023年7月でユニバーサルアナリティクスのサポートが終了するので、GA4を導入するか迷っているWeb担当の方もおられるかもしれません。

とは言ったものの、「そもそもGA4って前のやつとなにか違いがあるの?」と思っている方もいてると思います。

そこで今回は、
・ユニバーサルアナリティクスとGA4なにが違うか
・GA4の導入方法
この2つについて解説しますので、ぜひこのコラムを読んで参考にしてください。

GA4とユニバーサルアナリティクスなにが違う?

そもそも「GA4とユニバーサルアナリティクスの違いなんかないやろ」と思っている方もきっといてると思います。                                                       実際に私も違いが分からなかったので調べた所、違いが2つあることが分かりました。                                                               

より深くユーザーの行動を分析できる機能

1つ目の違いは、より深くユーザーの行動を分析できる機能がついていることです。
どういうことかと言うと、GA4はユニバーサルアナリティクスに比べて、サイトとアプリの計測や分析が可能になりました。
ですので、ユニバーサルアナリティクスに比べると、より深くユーザーの行動を分析することができます。                                           

アカウント構造

GA4はユニバーサルアナリティクスに比べると、アカウントの構造に違いがあります。

構造の違いは以下の通りです。
ユニバーサルアナリティクス                                                                                     アカウント>プロパティ>ビュー
GA4
アカウント>プロパティ>データストリーム

2つを比べると微妙に違うのが分かります。
また、ユニバーサルアナリティクスでは、プロパティごとにデータを集めるトラッキングIDが発行されていましたが、GA4では※データストリーム単位で発行されます。
※データストリームとは、データの転送方法のことを言います。

GA4は、一つのプロパティの中に
・Webサイト
・iOSアプリ
といった
内容にすると、Webサイトとアプリを横断した計測ができるようになったので、ユーザーがどのような行動を取ったかを知ることが可能になりました。

Google アナリティクス 4(GA4)を導入する方法

すでにGoogleアナリティクスのアカウントを保有している方は、ある3つを設定すると、完了となります。

やるべきこと3つ
・プロパティの作成
・データストリームの作成
・トラッキングコード
について簡単に解説いたします。

プロパティの作成

まず初めにGA4のプロパティを作成します。

歯車マークをクリックし、プロパティ欄にある「プロパティを作成」をクリック。
そして、「プロパティ名」「レポートのタイムゾーン」「通貨」を設定し、「ビジネスの概要」に表示されるビジネス情報を入力します。入力することで、設定が完了します。

データストリームを作成

次にデータストリームを作成していきます。
なぜ作成するのかと言うと、データ収集する範囲を指定するためです。

GA4プロパティが完成すると、データストリームの作成画面が表示されます。
そこからGA4の設定を進めましょう。
・ウェブ
・Androidアプリ
・iOSアプリ
の中からデータストリームを設定したいプラットフォームを選択してください。選択すると作成が完了します。

トラフィックコードの設置

GA4のプロパティやデータストリームの設定したら、最後にGA4のトラフィックコードを設置していきます。
トラフィックコードを設置する際に、Googleタグマネージャーを利用するかしないかで、設定方法が違いますのでご注意ください。

Googleタグマネージャーを使用しない

Googleタグマネージャーを使用する場合せずにHTMLコードにアナリティクスのコードを直接書く場合は

GA4管理画面の「プロパティ>データストリーム>グローバルサイトタグ」を選択します。そして、表示されているコードを先頭に貼り付けたら設置完了です。

Googleタグマネージャーを使用する

使用する場合は、まず「プロパティ>データストリーム」を選択し、そこから「G-」から始まるトラッキングIDをコピーします。
コピーした上でGoogleタグマネージャーにアクセスしてください。

次は、Googleタグマネージャーでタグを作成します。
「Googleアナリティクス:GA4設定」を選択してください。

そして、「測定ID」にコピーしたトラッキングIDを貼り付けたら完了です。                                                                   ※GA4で全ページ測定する場合はトリガーを「All Pages」に設定しないといけません。

まとめ

今回は、GA4とユニバーサルアナリティクスの違いとGA4の導入方法について解説しました。

GA4は、ユニバーサルアナリティクス に比べると、より詳細な分析ができる機能が搭載されています。
まずは、GA4の基本的な使い方を理解し、その上でGA4の操作に慣れていきましょう。

ちなみに、GA4の詳しい操作については、また別の記事で書く予定なので、楽しみにしておいてください。
Web担当の皆さま!GA4を使いこなせるように今から準備していきましょう。

|Google アナリティクス 4(GA4)のご紹介
【初級編】Google アナリティクス 4(GA4)の基本的な使い方を解説

関連記事

TOP