コラム

【初級編】Google アナリティクス 4(GA4)の基本的な使い方を解説


Web
担当の皆さん! Googleアナリティクス 4GA4)の使い方をご存知ですか?

「そもそも GA4ってなに?」という方は、前回のコラムに GA4についてコラムを書いているので、まだコラムを読んでいない方は、ぜひそちらを読んでみてください。
【初級編】最近よく聞くGA4ってなに?ユニバーサルアナリティクスとの違いや導入方法を解説!

話を戻しますが、このコラムを読まれていると言うことは、 少しでもGA4に興味を持って使ってみたいとお考えの方だと思います。

そこで今回は、GA4の基本的な使い方について解説していきます。

GA4は、新たな機能がついていて、ユニバーサルアナリティクスにはない機能もついています。
この新しい機能に慣れるためにも、まずは基本的な使い方をマスターしていきましょう。

基本的な使い方

まずは、基本的な操作方法を解説していきます。

とても基本的な内容になっているので、このコラムを読んだ方は、必ず操作方法を覚えていってください。

それでは順番に解説していきます。

ユーザーの属性を確認しよう

まずは、どんなユーザーがWebサイトに訪問してくれたのかを確認しましょう。

ユーザーの属性を知ることで、Webサイトがどのユーザーに見てもらっていて、逆にどのユーザーに見てもらえていないかが把握できます。

・国
・言語
・性別

といった情報を把握できます。

確認方法は、「ユーザー」の項目から、「ユーザー属性」で確認することができます。

属性を知ることで、どのようにWebサイトを集客していくか戦略も立てられるので、ぜひ確認してみてください。

流入経路を確認する

どこからユーザーがきたのかを確認する方法を解説します。

まずは、「集客」を選んで、「トラフィック」獲得をクリックすると確認ができます。

流入経路の多くは
Organic(自然検索による流入)
Referral(リンクからの流入)
display(ディスプレイ広告からの流入)
などの流入が確認できると思います。

ユーザーがどこから流入しているのかを確認して、流入戦略を考えていきましょう。

セッションを確認する

知らない方の為に簡単に説明すると、セッションとは、 利用者の単一ブラウザ内の連続した行動を言います。

そのセッションの算出方法に関しては、やり方が変更されています。

同じだと思って操作をしても、算出できないので注意が必要です。

GA4の算出方法は、まず「探索」から空白ボタンをクリックします。
クリックしたら「変数」の列の下の方にある「ディメンション」「指標」の見出し横の「+」アイコンをクリックしてください。

そこから「Page path」「セッション」を検索して選択をして、選択ができたら保存してください。

それが終わったら、「利用ユーザー」を削除し、「Page path +~」の順にダブルクリックすると、画面の真ん中にURL単位でセッション確認表が作られています。

なお、GA4はどうしても、セッションの定義が異なります。
なので、GA4の方がセッション値が減る傾向があります。

なぜかというと、キャンペーンソースがセッション中に変更された場合、GA4では新しいセッションが作成されないの理由の1つです。

そしてもう1つの理由として、GA4は1セッションとみなされるのも、数が少なくなる理由です。

ややこしいとは思いますが、ぜひ覚えておいてください。

ページのスクロール数を確認する
GA4は、ページのスクロールの数が確認できます。

確認方法は、エンゲージメントを選択して、ページとスクリーンの順番でクリックします。
すると、ユニークユーザーのスクロール数という項目があります。
ここの数値がページのスクロール数になります。

なので、この数値を見ることでどのページの読了率(ページが最後の方まで読まれるかを示す指標)を確認することができます。

ページのスクロール数をこの数値を見て確認し、どうしたらページを最後まで見てもらえるかを考えていきましょう。

クロスデバイスユーザーを確認する
GA4は、クロスデバイスユーザーも確認することができます。

クロスデバイスユーザーとは、同じユーザーが複数のデバイスを利用した際に、ユーザーが見たサービスやコンテンツの情報を引き継ぐことです。

確認する方法は、まず探索を選択します。
それから、テンプレートギャラリーのセグメントの重複から、確認が行えます。

デフォルトでは
・モバイルトラフィック
・タブレットトラフィック
・年齢(25歳~54歳)

が表示されているので、欲しい条件に合わせて設定してください。

3つの数が、同一ユーザーが別デバイスからアクセスしている数になります。

まとめ

今回は、GA4の基本的な使い方を解説しました。

GA4には、ユニバーサルアナリティクス以上に細かな分析ができる機能がついています。

ユニバーサルアナリティクスと操作方法は、基本同じなのですが、操作が違う箇所もあります。

まずはGA4の使い方をしっかり把握して、操作方法に慣れていきましょう。

20237月でユニバーサルアナリティクスのサポートが終了してします。

なので、これを機にGA4を導入して、Webサイトのアクセス解析をしてみてはいかがでしょうか?
|Google アナリティクス 4(GA4)のご紹介

 

関連記事

TOP