コラム

【初級編】 SEO対策をする際の、記事構成の重要性と組み立ての方法を解説!

皆さんのウェブサイトはGoogleやYahooで検索した時に何位に上がって来るでしょうか?

検索エンジンで上位に表示させるための施策をSearch Engine Optimization(検索エンジン最適化)といいます。

略して呼ばれることが多く、もうお分かりですよね?皆さんもきっと聞き馴染みのある「SEO」のことです。

検索エンジンで10位以内、つまり検索結果の1ページ目に表示される記事を書くには、記事の構成を理解する必要があります。

記事の構成を理解しないままウェブサイトを作ると、サイトが1ページの10位以内に表示されません。

そこで今回は、SEO記事構成の重要性と、組み立て方を紹介します。

・SEO記事とは?

SEO記事とは、簡単に言うと、検索エンジンで1ページの10位以内にページが表示される記事を言います。

Googleが求めているコンテンツを理解し、検索エンジンに高く評価されるためのアルゴリズムにそって記事を作成する事で、SEOに強い記事を書く事ができます。

しかし、検索エンジンのアルゴリズムはたくさんあるので、Googleはその項目の詳細については公開していません。

そのため、SEOにおいて重要とされる項目を地道に対策していくことが大切です。

・ユーザーの悩みを解決させる

SEO記事を作成する際に大切なのは、ユーザーの利便性を考えることです
これは、「Googleがあげる10の事実」にも記載されています。

1. ユーザーに焦点を絞れば、他のものはみな後からついてくる。

Google は、当初からユーザーの利便性を第一に考えています。

新しいウェブブラウザを開発するときも、トップページの外観に手を加えるときも、Google 内部の目標や収益ではなく、ユーザーを最も重視してきました。

Google のトップページはインターフェースが明快で、ページは瞬時に読み込まれます。

金銭と引き換えに検索結果の順位を操作することは一切ありません。

広告は、広告であることを明記したうえで、関連性の高い情報を邪魔にならない形で提示します。

新しいツールやアプリケーションを開発するときも、もっと違う作りならよかったのに、という思いをユーザーに抱かせない、完成度の高いデザインを目指しています。

引用元:Googleがあげる10の事実

利便性のあるコンテンツとは端的には
・わかりやすく
・見やすく
・使いやすい
この3つ
指します。

あなたが記事を書く際には、あなたのウェブサイトを訪れるユーザーがどんな情報を欲して、何を探しているのか、イメージして書かなければいけません。

では、利便性のあるコンテンツとは具体的にどのようなコンテンツですか?ユーザーが役に立つ情報とはなのでしょう?

利便性というのはユーザーにとって直感的にわかりやすいユーザーインターフェイス(ナビゲーション周りやリンク、ボタンまわりのこと。総じてUIと言う)を持つことです。

直感的に分かりやすく回遊しやすいウェブサイトが最適なデザインのウェブサイトということになります。

・ターゲットを決める

SEOは、検索を行うターゲットを決める事が大切です。
・なぜ検索しているか
・どういった立場の人なのか
など、検索をした背景を理解する必要があります。

そしてそのユーザーが何に悩んでそのキーワードで検索しているのかを理解しなければなりません。

理解することによりユーザーの悩みに沿った提案ができます。

やり方は、検索エンジンの検索結果をみて、ユーザー像を割り出すという方法です。

まず上位表示されている1位から10位サイトの記事のタイトルや文章を見て、ユーザーの属性を理解します。

次に、上位化しているページの構成や文章をみます。

それを見た後、2ページ目以降の記事を読み、上位に表示されているページと何が違うかを比べます。

なぜこのサイトが上位に表示されているかを自分の中で要因を見つけます。

そうすることで、ターゲットが浮き彫りになり、SEOに取り組んでいる人であることは想像できます。

・記事の構成がなぜ上位表示に重要か

記事構成とは、簡単に言うと記事の設計図です。

記事全体の構成を考えることで、スムーズに文章を書くことができます。

簡単な作業に見えますが、この作業がとても大切です。

では、どういう風に記事を設計したらいいのかを次項で解説します。

・必要な要素を整理する

まずは、必要だと思う要素を洗い出します。
要素を整理する事で、潜在的なニーズを想像して記事を書くことができます。

ここで大事なのが、自分が洗い出した要素は本当にユーザーが求めている要素なのか考える事です

ユーザーが求めていない情報を書いても意味がありません。

悩みを解決する上で、先回りした解決策を提示することが大切です。

つまり潜在的なニーズを想像して記事を書かないといけません。
今書こうとしている情報が求められているものかを判断することが大切です。

必要な要素を洗い出したら、次は見出しとして設定していきます。

次に、ユーザーに読んでもらうために必要な見出しを設置方法を紹介します。

・見出しをつける

見出しとは、段落などに頭につくタイトルのようなものです。
見出しには重要な役割が2つあります。

1つ目はこの記事で何が書かれているのかユーザーに認識してもらう役割です。

もう1つはGoogleのクローラーに認識させる役割があります。

記事をwebサイトにアップする際にhtmlというWEBページを作成するための言語で文章を記述する必要があります。

その際に、見出しのタイトルにタグを付けなければなりません。

見出しとは段落などで伝えたい情報をユーザーとクローラーに伝達することを意味します。

構成を考える段階で、情報の優先度を頭の中で判断する事ができます。

・小見出しをつける

小見出しは、ユーザーの流し読み防止する為に設定します。

ユーザーにスムーズに記事を読んでもらうためにも、小見出しの設定は大切になります。

小見出しは、通常の本文よりも文字で目立つため、読者は自然と小見出しに視線を向けます。

そこにキーとなる単語が書かれていれば、ユーザーはその下に続く文章もじっくり読んでくれるでしょう。

まとめ

今回は、 SEOの記事構成の重要性と組み立て方法について紹介しました。

SEO記事において最も重要な事は、ユーザーの抱えている問題を解決することです。
構成の組み立てなどを疎かにすると、その後の記事の命運を決めるので、慎重に作業する必要があります。

SEO記事を作成する際は文章を書き始める前に時間を取り、上位化する方法を自分なりに分析して作ってみましょう。

また、SEO対策に役立つ無料ツールも存在するので、興味のある方は、ぜひこちらのコラムも読んでみてください!

【最新版】SEO対策したい方にオススメ!カンタンに使える無料ツール9選を紹介!

関連記事

TOP