コラム

【2022年最新版】必ず入れておきたいリスティング広告運用ツール6選

皆さんは、リスティング広告運用に使える運用ツールがあるのをご存じですか?

実はSEO同様、リスティング広告にもツールというものがあります。

しかし、ツールを使ってみたい!とは言ったものの
「じゃあどのツールを使えばいいの?」
「何を基準に広告運用ツールを選べばいいの?」とお困りの方もいると思います。

そこで今回は、必ず入れておきたいリスティング広告運用ツールを6個紹介します。
ぜひこの記事を読んで参考にしてみてください!

Shirofune

このツールは、広告運用のエキスパートが開発したGoogle・Yahoo!・Facebookにおけるリスティング広告とディスプレイ広告の運用が自動化することができるツールです。

Shirofuneはなんと、1日10分の簡単操作だけで広告効果を上げることができます。

また、自社のビジネスに関するキーワードやURLを入力するだけで、Shirofuneがその内容を解析してくれます。

広告効果が見込めるキーワードなどを解析して提案してくれるのでとても便利です。

これを使えばもう、商品の関連キーワードで悩むことやターゲット層に合わせてキーワードを設定する手間がなくなるのは嬉しいですね。

ただしShirofuneは、サポートを利用するには毎月10万円がかかってしまいます。
大手広告代理店も利用しているだけあって、サポート料が高くなっています。

しかし、Shirofuneはコンサルティングや困ったときの対応などサポートが充実しているので、10万円を払う価値があると思います。
ぜひ使ってみてください。
Shirofune

ATOM

ATOMとは運用型広告の統合管理プラットフォームです。

このツールはレポートを自動化をしてくれたり、数値の管理の簡単にしてくれたりなど、運用型広告の管理に必要な機能を提供しています。

ATOMを導入することで、広告作業の時間を大幅に削減できます。
作業時間を削減できることにより、付加価値の高い業務に時間を割くことができます。

レポート作成業務にかけていた時間が8割減少したり、毎日3~4時間かけていたデータ集計業務がゼロになった会社もあるのでとてもおすすめです。
ATOM

Lisket

Lisketは、広告配信の知識がなくとも適切にデータを比較できるレポートが自動で作ってくれます。

また、連携をすればLisketで作成したレポートをGoogleドライブに直接保存できます。
広告配信の実績や結果報告のためのレポートを作るのにかなりの時間を使った経験はきっとあると思います。

このツールを使ってレポート作成の時間を減らし、他の業務に取りかかりましょう。
Lisket

Ad Note

Ad Noteは、自動広告運用サービスです。

このツールは最大1カ月先までの広告効果予測を行えます。
その予測結果を基におすすめの予算配分を提案することで、広告効果の向上と予算の最適化に貢献します。

また、初心者でも扱いやすいシンプルなものを追求しているので、広告運用経験のない人でも広告の管理が可能です。

さらに、独自開発のアルゴリズムで制御される自動入札機能を搭載していて、日々の入札価格を自動調整してくれるため、予算に応じてバランスの良い入札を行えます。
Ad Note

glu

gluとは、広告のレポートを自動で生成してくれるツールです。

自由自在にモニタリングできるのが強みで、さまざまな広告・外部ツールデータを取り込みんだり加工できます。

また、マーケティングデータの収集基盤としての活用も可能です。

運用型広告の豊富な経験がある「アタラ合同会社」がという会社が
・レポーティング
・データマーケティング
を支援してくれます。
glu

Web Antenna

Web Antennaはアトリビューション分析というものを使い、本当に自社が配信している広告が貢献してくれているのかを計測してくれるツールです。

広告をフル活用している大手企業からベンチャー企業まで、すでに利用されている方の多いです。

例えば本当に今出しているバナー広告など意味があるのか、効果があるのか知りたいと思ったときにカスタマージャーニーの分析もできます。

直接的な効果がわかりにくいものも、間接的な広告効果はWebAntennaを取り入れれば簡単に結果もわかるのでとても便利です。
WebAntenna

まとめ

今回は必ず入れておきたいリスティング広告運用ツール6選について解説しました。

リスティング広告は運用やレポートの作成などの作業がどうしても時間がかかってしまうので、ツールを導入してぜひ業務の効率化を測ってみてください。

今後もインターネット広告関連のコラムを投稿する予定なので、気になる方はぜひチェックしてください。

【もう迷わない】 インターネット広告の基本9種類を紹介!

関連記事

TOP