コラム

【初級編】YouTube広告に役立つ基礎的な知識を紹介!

皆さんYouTube広告をご存じでしょうか?

そもそもYouTubeとは何かというと、動画共有プラットフォームを言います。

認知率は90%以上で、全世代のはYouTubeを利用しているというデータが出ています。

なので、YouTube広告を出すことで、多くの人に商品を知ってもらえる可能性があります。

とはいったものの、「YouTube広告のことなんか全然分からないよ」という人がいると思うので、今回はYouTube広告に役立つ基礎的な知識を簡単に解説します。

ぜひ最後まで読んでみてください!

・YouTube広告の優位性

今までは、テレビでテレビ番組を見るのが一般的でしたが、今はテレビでyoutubeを見る人が多くいる時代です。

なので、YouTube広告は、テレビCMより高い効果を出せると言っても過言ではありません。

このYouTube広告には、以下の優位性があるので紹介します。

・ユーザーの利用者数

YouTubeLINEにつぐ、2番目に利用者数が多いSNSです。

なので、YouTube広告を出稿することで、多くの人に見てもらえる可能性があります。

YouTubeは、今や情報を取得する媒体としての地位を確立しています。

・テレビCMよりリーチ数が取れる

広告といえば、やはり最初に思いつくのはテレビCMだと思います。

YouTube広告は、リーチの数でテレビCMを上回る数字で獲得することができました。

また、リーチが広がる数でもYouTube広告は、テレビCMよりも優れているのが分かりました。

おそらく、テレビよりYouTubeを見る人の方が増えているのが要因だと考えられます。

・ユーザーにアクションを喚起させる

YouTubeの強みは、ユーザーにアクションを喚起させられることです。

動画広告をクリックすると、ユーザーは、企業の自社サイトへ遷移します。

そこで、くわしい情報に触れることができ、購入や問い合わせなどのコンバージョンに結びつけることも可能です。

YouTubeの動画を視聴している際に、YouTubeで新しい商品を見つけてくる人は、なんと90%もいます。

さらに言うと、YouTubeで見つけた商品を購入したことがある人は40%います。

この数字をYouTubeから商品を買う人が多いのが分かりますね。

・一定の時間見てもらえる

5秒以上たつと広告を飛ばせる「スキッパブル広告」と、最後まで飛ばせない「ノンスキッパブル広告」の2種類があります。

スキッパブル広告の場合も、最低5秒間は広告を見てもらえるため、商品やサービスの認知度を上げる事ができます。

・配信面について

YouTube広告は、バンパー広告とTrueView広告の2種類があるので、順番に解説していきます。

・バンパー広告について

バンパー広告とは、6秒間スキップができない広告をいいます。

ユーザーが再生している動画視聴への影響を最小限に抑えなければなりません。

Google社が膨大なテスト数を行った上で最適化された秒数が6秒なので、短いメッセージでユーザーにアピールできます。

・TrueView広告について

TrueView広告とは、動画の再生前後や途中、などに表示されるYouTube広告です。

広告をスキップした人には、広告費が課金されないので効率的に広告を回すことができます。

・ターゲティング設定について

ターゲティングの設定には2種類があるので、順番に解説します。

オーディエンスターゲティング

オーディエンスターゲティング設定とは、ユーザーの行動履歴や、などの情報を組み合わせて広告を発信することをいいます。

このデータは、Cookieを利用してサイトでの閲覧や行動履歴など膨大な量の情報を取得したものですが、個人を特定できる情報は含まれていません。

このデータとデモグラフィックターゲティングを組み合わせることで精度の高いユーザーに広告を配信できます。

デモグラフィックターゲティング

デモグラフィックターゲティングとは
・性別
・住んでいる地域
・年齢
などのユーザーの属性情報を用いて行われるターゲティング手法です。

デモグラフィックターゲティングを設定することで適切なユーザーにリーチする事ができます。

なので、非常に重要なターゲティングオプションになります。

・費用について

YouTube広告の課金は、「視聴」に対して行われます。

基本的な料金相場は1再生あたり3円から20円と言われています。

YouTube広告では、予算設定が可能です。

企業の大半が、1日の予算を1,000円に設定している会社が多く、あまり予算はかけていません。

なので、低予算から、YouTubeに動画広告参入するのをおすすめします。

・まとめ

今回は、 YouTube広告に役立つ知識について紹介しました。

YouTube広告は、構成の組み立てなどをおろそかにすると、その後の記事の命運を決まります。

なので、慎重に入稿作業する必要があります。

YouTube広告を運用する際は、低予算から運用するのをおすすめします。

今回の記事を見て、YouTube広告に興味を持たれた方はぜひ運用してみてください。

今すぐ広告の利用を開始したい方:|YouTube 広告の利用を開始する

他の広告に興味がある方:【もう迷わない】 インターネット広告の基本9種類を紹介!

 

関連記事

TOP