コラム

オウンドメディアを成功させるためのSEO対策を解説?

Webディレクターの皆様は、SEO対策とはどういった対策かをご存じですか?

SEO対策は、伝えたい情報をユーザー・検索エンジンにわかりやすく伝える方法を考えることです。

「Webディレクターだからそれくらいわかるよ」と思う方もいると思いますが、理解できていない担当者も多数存在します。

そこで、今回の記事では、そんなオウンドメディアにおけるSEO対策のポイント5つをご紹介いたします。

ユーザーのニーズを分析


まずは、ユーザーのニーズを分析していきます。

キーワードを検索し、競合サイトが上位に表示されているかを調べ、ページ構成やコンテンツの内容などを分析します。

その際に、他社サイトが載せていないコンテンツか必ず確認してください。

ニーズを分析することで、どのようなコンテンツがユーザーに求められているかが判断できます。

加えて、上位10サイトぐらいを調べると共通して存在するページの特徴が見つかるので、サイトにその特徴を取り入れることもできます。

Google が掲げる 10 の事実:ユーザーに焦点を絞れば、他のものはみな後からついてくる。

ページの意図が伝わるディレクトリ構成


ユーザーの検索にヒットしてほしいキーワードを細かく分け、ディレクトリ階層を作れるような構成にするとSEOの効果が大きくなります。

「ディレクトリ」とはデータを整理するために用いられる概念です。

皆さんが普段使っているパソコンのファイル管理アプリ、Windowsならファイルエクスプローラー、Macならファインダーがそれに該当します。

ディレクトリを構成することで
・Webサイトのテーマ性が高まる
・Webサイトの管理が楽になる
・Googleからのクロールを最適化できる
といったメリットがあるので、ページの意図が伝わるディレクトリを構成しましょう。

情報の網羅性を考慮したコンテンツ


ユーザーが必要な情報をコンテンツとして掲載することは必須です。

例えば
・質問
・料金
・契約の流れ
といったコンテンツがあることで、情報の視点が増えるので、ユーザーのニーズを満たすことができます。

ちなみに、検索結果にビジネスリテラシーは考慮されていません。
なので、できる限り初心者をターゲットとしたページ構成のほうが検索順位は上がりやすくなります。

キーワードを意識したタイトルや見出しタグの構成


タイトルや見出しにはわかりやすくキーワードを使用することが必須です。
これは、SEO対策の中で最も重要とも言えます。

コンテンツがどういった物か、ひとめでわかりやすくすることができるためSEO視点だと非常に重要です。

レンタルサーバの見直し


質が高いサーバに移すことをおすすめします。

5年以上使用している場合、リニューアルのタイミングで見直すと良いと思います。

ページ表示スピードの為に訴求力は重要なので、サーバの見直してみてはいかがでしょうか?

まとめ


SEOとはコンテンツを評価してもらうための基盤づくりです。
サイト上で提供する情報の質が、実際に評価を左右します。

ユーザーが必要としていない情報コンテンツを増やし、Googleから評価を受けようとする小手先のやり方では、上位表示を獲得することは難しいです。

なので、質にこだわってコンテンツを作成しましょう。

【初級編】 SEO対策をする際の、記事構成の重要性と組み立ての方法を解説!

ビズコンダクトでは、お客様にピッタリのSEO対策をご提案いたします。
お気軽にご相談ください。

SEO対策でお悩みの方はこちらから→https://bizconduct.jp/inquiry/

関連記事

TOP