コラム

(GAIQ)って一体なに?取得メリットや難易度を紹介!

皆さんは、アクセス解析の勉強をどのような方法で行なっていますか?
アクセス解析をする際に、Googleアナリティクスを利用している方が多いと思います。

実はGoogleアナリティクスの個人資格というものを取れば、解析ツールの理解度を証明できます。
一体どのような資格なのでしょうか?

そこで、今回はGoogleアナリティクスの個人資格を取得するかを検討している方に向けて、メリットや難易度を解説します。

資格取得を考えている人はぜひ参考にしてください。

【Web初心者必見】Webマーケティングやアクセス解析を学べる資格4選!

GAIQとは?


GAIQは、「Googleアナリティクス」というGoogleが提供している、解析ツールの理解度を証明するための資格です。

Googleアナリティクスは、Webサイトの利用状況が可視化できます。
企業のWebサイト運営やWebマーケティングに必須の解析ツールです。

この資格の勉強をすることで、基礎知識や操作方法などを学ぶことができます。

ちなみに、この資格は受験料がかかりません。
しかも、テスト会場に行く必要がないので、在宅でテストを受けることも可能です。

筆者がこの資格を取得した理由


私が取得した理由は

・専門的な知識やスキルを示せる
・知識のアップデート
この2つが主な理由です。

しかも、資格に合格すると「Google Partners」という公開プロフィールページで資格を宣伝することできます。

新しい知識も得られるのでおすすめです。

Google Partnersとは:Google Partners プログラムについて

取得によるメリットは?


GAIQを取得するメリットは以下の通りです。

⚫️Googleアナリティクスの理解度を証明できる

ひとつは、Googleアナリティクスの理解度を客観的に証明できることです。
なぜかというと、試験に合格すると「Google Partners」の公開プロフィールページで資格を宣伝できるからです。

そこで、自分の能力をアピールすることができます。

⚫️Googleアナリティクスの機能に詳しくなる

試験勉強を通して、Googleアナリティクスの基本的な機能の使い方や仕組みを理解できます。
機能を理解していることで、webサイトのアクセス解析はもちろん、他のチームとのコミュニケーションも円滑に進められます。

⚫️学んだことが実務で使える

学んだことをそのまま、日々の分析業務に役立てることができます。
試験対策のための知識だけ取得しようとしても意味がありません。

学んだことを日々の業務にも活用してみてください。

難易度


GAIQの問題数は70問で、正答率80%以上が合格ラインとなっています。
普段からGoogleアナリティクスを使用している方だと合格できる程度だといわれています。
なので、経験者からするとそんなに難しい試験ではありません。(未経験の方からすると少し難しいです)

ただし、GAIQの試験では、技術的仕様なども出題されます。
なので、一部の機能しか使用したことが無い場合は、使用していない機能の勉強が必要となります。

また、Googleアナリティクスやアクセス解析に関する知識だけではなく、Webマーケティングに関する理解も必要です。

この資格は、何度でも再受験ができます。
ですので、ひとまず受けてみて自分の実力を確かめるのも良いでしょう。

不合格となっても、再試験が可能ですので、答えられなかった分野を学習してから再受験することをおすすめします。

まとめ


今回は、Googleアナリティクスの個人資格取得を検討している方に向けて、メリットや試験の難易度を解説しました。

この資格は
・Googleアナリティクスの理解度を証明できる
・より詳しくなる
・学んだことが実務で使える
と言ったメリットがあります。

ただし、試験に合格するために勉強するのだけはやめてください。
学んだことを業務で役立てられるように勉強をすすめてください。

Googleアナリティクスの個人資格を受けたい方:Google アナリティクス個人認定資格(GAIQ)の準備方法

「アクセス解析のツールを使いこなせない…」「Webサイトからのお問い合わせが伸びない…」といったお悩みを抱えている場合には、ぜひ弊社までご相談ください。

アクセス解析でお悩みの方はこちらから→https://bizconduct.jp/inquiry/

関連記事

TOP