コラム

【初級編】SEO対策に強いタイトルの付け方を簡単に解説!!

皆さんのウェブサイトはGoogleやYahooで検索した時に何位に上がって来るでしょうか?

検索エンジンで上位に表示させるための施策をSearch Engine Optimization(検索エンジン最適化)といいます。

略して呼ばれることが多く、もうお分かりですよね?皆さんもきっと聞きなじみのある「SEO」のことです。

検索エンジンで10位以内、つまり検索結果の1ページ目に表示される記事を書くには、SEO対策に強いタイトル必要があります。

今回は、SEO対策に強いタイトルを紹介します。

SEOに強いタイトルを付ける方法


タイトルの付け方は以下の通りです。
順番に解説していきます。

⚫️文字数を30文字以内に設定する

タイトル文字数を30文字以内におさえることが重要です。

なぜかというと、30文字を超えると(…)が表示されてしまうからです。

タイトルが省略されると、ユーザーがコンテンツを把握する際に情報が失われます。
ですので、タイトル文字数を30文字以内に抑え、クリック率の低下を抑えましょう。

⚫️同じキーワードを複数入れない

タイトル1つにつき、同じキーワードは1つまでが理想です。

なぜかと言うと、タイトルに繰り返し同じキーワードを入れることで、スパムと間違われる可能性があり得るからです。

これは、ページ内の文章でも同じことが言えます。

なので、SEOキーワードを不自然に入れないよう注意しましょう。
タイトルでキーワードを何度も使わなければいけない場合は2回程度の使用にとどめておきましょう。

キーワードはタイトルの左側に入れる


これはなぜかと言うと、Fの法則と言ってタイトルの文頭(左側)に書くことで、読んでもらえる確率が高いと言う法則です。

なので、読者の関心を集めるために、左側に大事なワードを入れましょう。

⚫️具体的な数字を用いる

タイトルに、具体的な数字が入っていると、ユーザーが記事を読みたくなる可能性が上がります。

例えば、「3カ月で100万PVのサイトを作る方法」「3カ月で1000人フォロワーが増えるSNSアカウントの作り方」など数字を入れると、説得力が増します。

具体的な数字を入れることで、ユーザーがそのページから得られる情報量を想定できます。
なので、ユーザーがページをみる前にイメージができるのでつい読みたくなるので、数字を入れることを心がけてください。

⚫️メリットが一目でわかるタイトルに

タイトルは、ユーザーに有益性のあるページであることが伝えなければなりません。

ユーザーは知りたい情報を知るために、検索エンジンを利用します。
どんな人に向けて作られたページかを明らかにし、得られる情報をしっかりタイトルに入れましょう。

たとえば、「初心者向け」「上級者向け」と記載があれば、ターゲットを絞ることができます。
ユーザーも自分の探している情報を見つけられ安いので、判断しやすいですね。

ターゲットの情報やユーザーの知りたいことなどを入れ、一目でメリットがわかるタイトルにしましょう。

⚫️ページの内容と一致しないタイトルはNG

タイトルとページの内容が異なっていれば、アクセスしたユーザーの期待を裏切るので、サイトの信頼性を失います。

たとえば、「体重を減らせるサプリメントおすすめ5選」というタイトルページに商品紹介がなかったらどう思いますか?おすすめが知りたくてアクセスしたのに、最後まで読んでも情報がないと満足度はかなり低くなります。

ページの内容を作る前にタイトルを決める方が多いと思いますが、ページが完成したら、タイトルとページの内容が一致しているかを確認しましょう。

まとめ


今回はSEOに強いタイトルの付け方について簡単に解説しました。

SEOに強いタイトルの付けるコツは
・タイトルの文字数を30文字以内に設定する
・同じキーワードを複数入れない
・選定したキーワードはタイトルの左側に入れる
・メリットが一目でわかるタイトルに
・ページの内容と一致しないタイトルはNG

この5つがあります。

きちんと今解説した内容を理解し、広告を運用しましょう。

ビズコンダクトでは、お客様にピッタリのSEO対策をご提案いたします。
お気軽にご相談ください。

SEO対策でお悩みの方はこちらから→https://bizconduct.jp/inquiry/

関連記事

TOP