コラム

ローカルSEOで最低限押さえないといけない事をご紹介!

前回は、ローカルSEOについてやSEO・MEOとの違いなどを解説しました。

前回のコラムをまだ読まれていない方:ローカルSEOってなに?SEO・MEOとの違いや効果などを解説!

今回は、ローカルSEOで上位に表示させるに最低限やらなければいけない事5つを紹介します。
正しい方法で取り組み、ローカルSEOを使い、自社の情報をより多くの方に知ってもらいましょう。

ローカルSEOとは(おさらい)



ローカルSEOとは何かをもう一度おさらいします。

ローカルSEOとは「地域名+キーワード」や地域に関連つくキーワードで検索した際、その場にいるユーザーの検索やGoogleマップ検索結果に上位表示されるように施策をすることです。

簡単に言うと、地域に特化したSEO対策です。
特に
・店舗
・施設
を運営するビジネス業種には、高い効果が見込めるのでおすすめです。

ローカルSEO対策の必須対応事項


ローカルSEOは、以下の5つを必須で取り組まなくてはいけません。

・オーナー認証登録
・写真の登録
・ビジネス情報の設定
・正確な営業時間の設定
・クチコミへの返信
詳しく解説していきます。

⚫️オーナー認証登録

対策を行うために、まずやらなければ行けないことが、Googleマイビジネスのオーナー認証の登録です。

登録をしないと、Googleマップなどの検索結果に情報を表示させることができません。
登録の際に、オーナー確認コードが必要になります。

コード取得方法は
・電話
・メール
・ハガキ
この3つから選択できます。
※新規で開業した場合は郵送のみとなる場合もあります。

いずれかの方法でオーナー確認コードを取得したら、次にGoogleマイビジネスにアクセスし、「オーナー確認を行う」をクリックします。

手順に沿って手続きを進めれば、登録完了です。

Google でオーナー確認を行う方法

⚫️写真の登録

写真の登録も行う必要があります。
掲載することで、商品やサービスの存在をユーザーに宣伝することができます。

商品やサービスの存在がユーザーに伝わる写真を登録して行きましょう。

ビジネス プロフィールの写真や動画を管理する

⚫️ビジネス情報の設定

ビジネス情報を設定し、ユーザーにどのような店舗掲載をアピールしましょう。

設定する主な情報は
・住所
・電話番号
・カテゴリ
・属性
・webサイト
などです。

最低限
・ビジネス名
・住所
・電話番号
この3つは必ず記載しましょう。

Google でビジネス プロフィールを編集する

⚫️正確な営業時間の設定

正確な営業時間を設定し、ユーザーが安心して店舗きてもらえるようにしましょう。

その際に
・開店・閉店時間
・祝祭日
・イベント
などのイレギュラーな営業時間などを定期的に更新することで、安心してユーザーが店舗に訪れることができます。

定期的に更新し、ユーザーに安心してもらうことが定着につながります。

⚫️クチコミへの返信

ユーザーからクチコミが届いたら返信をしてあげましょう。
返信することで、顧客の意見を尊重していることを、伝えられます。

また、ユーザーからの良いコメントが来ると、店舗自体の印象がよくなり、店舗へ出向くユーザーも増えるでしょう。

ただし、コメントはポジティブなものばかりではなく、ネガティブなコメントも記載されることがあります。
そういったネガティブなクチコミにも返信しましょう。

感情的に返信すると、離脱に繋がる可能性もあります。
なので、冷静に対応する必要があるでしょう。

まとめ


今回は、ローカルSEOで上位に表示させるに最低限やらなければいけないこと5つを紹介しました。

ローカルSEOは、特定の地域にある店舗情報を調べているユーザーにアプローチができる施策です。
ユーザーが知りたい情報を提供し、自社のビジネス情報に触れてもらうことが期待できます。

そのためには、自社の情報を掲載し、日々改善に取り組むことが大切です。
ローカルSEO施策を行い、掲載順位の向上、新規顧客獲得を目指しましょう。

ビズコンダクトでは、お客様にピッタリのSEO対策をご提案いたします。
お気軽にご相談ください。

SEO対策でお悩みの方はこちらから→ビズコンダクトでは、お客様にピッタリのSEO対策をご提案いたします。
お気軽にご相談ください。

SEO対策でお悩みの方はこちらから→https://bizconduct.jp/inquiry/

関連記事

TOP