コラム

【SEO対策】リード文ってなに?魅力的なリード文の書き方を解説!

「リード文を書くメリットがよくわからない…」
「どんなリード文を書けばいいのか分からない」

こんなお悩みはありませんか?

webライティングをするにあたり、リード文はとても重要です。

そこで今回はリード文の意味を解説します。
また、魅力的なリード文のテンプレートも紹介しています。

ユーザーの興味を惹きつけ、検索上位を獲得しやすいリード文を書きたい方はぜひご覧ください!

リード文とは?


リード文とは、記事冒頭の文章を言います。
webライティングをするにあたり、とても重要と言われています。

なぜ重要かというと、記事の中で初めに読まれるからです。

どういうことかというと、文章は上の文章が一番読まれ、下にいくに連れて読む人は減ってしまいます。
ですので、一番上にあるリード文が魅力かどうかで、読者は記事を読み進めるか判断するので、とても重要になります。

このリード文を適当に書いてしまう方がいますが、きちんと本文の内容を凝縮し、魅力的なリード文を書いていきましょう。

魅力的なリード文のテンプレート

先ほどリード文を紹介しましたが、実際にどのような文章を書いたら良いかわからないと思います。
そんな方の為に、どのように文章を書いたら良いかまとめました。

以下の順番に書いてあげると、魅力的なリード文になります。
共感→実績→記事内容→メリット→結論

それでは、順番に解説します。

魅力的なリード文の書き方①|共感

まず初めに、「共感」を書いてあげましょう。

共感は、要するに「あなたはこんな事で悩んでいますよね?」といったことを最初に書きます。
そうすることで、「確かに悩んでいるな」とユーザーに共感してもらえるので、文章を読んでもらえます。

共感を伝えた後は、その悩みを解決できる実績を証明してあげましょう。

例文 こんなお悩みをお持ちの方多いのではないでしょう?

魅力的なリード文の書き方②|実績

次に、実績を書いてあげます。

実績を書くことで、文章を読んでもらいやすくなります。
なぜかというと、信頼性が上がるからです。

例えば、「SEO対策未経験」の人と「SEO対策10年」の方が書く記事、どちらが読んでもらいやすいと思いますか?
恐らく後者だと思います。

このように、実績を書いてあげることで「この人なら信用できる」と思ってもらえるので、読まれる確率が増えます。

実績がない人は、書かなくてもいいですが、ある人は必ず書いておきましょう。

例文 SEO対策に関するお悩みを、SEO対策を10年やっている私が解説します。

魅力的なリード文の書き方③|記事内容

実績を書いた後は、記事内容を書いていきます。

例えば、SEO対策のやり方を解説する記事書くのであれば、「SEO対策のやり方を解説します!」と言った記事の内容を書いてあげます。

記事内容を書いてあげることで「この記事を読めばどんな問題が解決できる」といった事が分かるので、読む側も読むか読まないか判断しやすくなります。

例文 SEO対策のやり方を解説します!

魅力的なリード文の書き方④|メリット

4つ目は、メリットを書いていきます。
メリットを書いてあげることで、「こういうメリットがあるから読んでみたい」と思ってもらえるようになります。

きちんとメリットを提示し、ユーザーに納得して文章を読んでもらえるようにしましょう。

例文 この記事を読むと、SEO対策のやり方を知ることができます

魅力的なリード文の書き方⑤|結論

最後に結論を書きます。

なぜ結論を書くのかと言うと、結論が分からない文章は読まれないからです。
ずっと長い文章を読まないと結論がでてこない文章は、読まれにくいです。

ユーザーも暇ではないので、分からないことをできるだけ早く解決させたいと思っています。
なのに、ずっと長い文章を読まないと結論がでてこない文章は読む気になりません。

ですので、初めに結論を書いてあげて、ユーザーの期待している結論かどうかを分からせてあげましょう。

例文 このポイントを押さえてればSEO対策で効果を出すことができます。

まとめ


今回は、リード文の意味と魅力的なリード文のテンプレートを解説しました。

リード文は、記事の中で初めに読まれるので、重要です。

「共感→実績→記事内容→メリット→結論」の順番で書いてあげると魅力的な文章が作れるので、皆さんもぜひ試してみてください。

東大阪から全国へ!お客様にあったSEO対策をご提案いたします。


ビズコンダクト株式会社では、お客様にピッタリのSEO対策をご提案いたします。
お気軽にご相談ください。

SEO対策でお悩みの方はこちらから→https://bizconduct.jp/inquiry/

関連記事

TOP